村山精二の自己紹介
murayama
060620.JPG

             こんな顔の男です。上は1998.12.6 群馬県「榛名まほろば」現代詩資料館にて。下は2006.6.20神奈川県辻堂のギャラリーにて。

1949年 北海道赤平市生まれ
  日本ペンクラブ、日本文藝家協会、日本詩人クラブ、横浜詩人会、日本子守唄協会、西さがみ文芸愛好会 各会員
1997年〜2010年 日本詩人クラブОA化推進専門委員
1998年〜2002年 日本ペンクラブ電子メディア対応研究会委員
1999年〜2003年 日本詩人クラブ常任理事
1999年〜2003年 日本ペンクラブ電子メディア対応研究会副座長
2003年〜2005年 日本ペンクラブ電子文藝館委員会委員
2005年〜2007年 日本詩人クラブ理事
2005年〜現在 日本ペンクラブ電子文藝館委員会副委員長
2006年〜2010年 西さがみ文芸愛好会運営委員
2007年〜2009年 日本詩人クラブ常任理事
2008年〜現在 日本子守唄協会相模支部副支部長
2009年〜2010年 日本ペンクラブ国際ペン東京大会実行委員
2009年〜2010年 日本詩人クラブ60周年記念大会実行委員
2010年〜現在 西さがみ文芸愛好会事務局次長
2013年〜2014年 横浜詩人会理事
   
現在  神奈川県南足柄市在住
E-Mail: pfg03405@nifty.ne.jp


 パソコンを手にした現在、文学の質が変るのではないかという危惧があります。私は、本質は変らん、と思っています。
 しかしパソコンにおける漢字の扱いや、紙の本に変るかもしれない電子書籍の開発など、考えなければならない問題があるのは事実です。
 そんなことを、このささやかなホームページで扱っていこうと目論んでいます。もちろん日々の文学活動で受け止めた感想など、個人的なことも発信していきます。意見交換ができれば幸いに思います。

 
と、まあ、堅苦しい挨拶はこんな程度にしておいて、本来は無類のアソビニンなんです。小学生以来のスキー・スケートに始まって、JEEPで野山を駆けまわったり、キャンピングカーで泊まり歩いたり、ハンググライダー・パラグライダーで空を飛んだり、ヨットで海に遊んだりと。パソコン通信も当然やっていました。おお、そうだ、懐かしのアマチュア無線なんてのもやっていたっけ。
 陸・海・空の遊びは一通りこなして30年。でも片時も忘れなかったのは「文学」です。ちょっと恥ずかしい気もしますが、本当にそう思っていました。やっと本来の文学に戻った、という気分です。遊びと文学、その
バランスが自分には大事なものだ、と思っていました。

 そんな訳で、固い話もアホみたいな話題もやっていきます。
(アホみたいな話が多くなる予感がするなあ) 1999.1.17 (2005.7.24略歴改定、2006.6.27略歴・写真改定、2007.6.21略歴改定、2009.6.9略歴改訂、2013.2.16略歴改訂)

      [ トップページ ]     [ 著書紹介 ]

(1999.1.17初版/1.18第2版/1.21第3版/1.24第4版/1.25第5版/1.28第6版/1.31第7版/4.18第8版/7.18第9版、2000.10.27第10版)