ごまめのはぎしり】寄贈本 索引
みうらひろこ 詩集 『渚の午後』
三浦房江 詩と写真集 『時の記憶』
三ヶ島千枝 詩集 『春の闖入者』
三上博史 句集 『裏表あって私が立っている』川柳作家ベストコレクション
三木英治 『太陽の遊歩道』
『21世紀のオルフェ ジャン・コクトオ物語
三鬼宏 『井上靖の詩の世界』生誕百年記念
みくちけんすけ 詩集 『その川』
みくも年子 詩集 『実の種の----』
詩画集 『血温』
詩集 『癌・無期限治験ワクチン』
三島涼子 『白薔薇』
水樹涼子 『思川恋歌』
『岸辺に果つ―田中正造をめぐる人々
水こし町子 詩集 『時を見ているキリン』
御庄博実 詩集 『ふるさと――岩国』
共著詩文集 『哀悼と怒り』(石川逸子)
詩集 『燕の歌』
水木佑 詩集 『タペストリー』
水口洋治 詩集 『僕自身について』
水崎野里子 編訳 『現代アメリカ アジア系詩集』
詩集 『アジアの風』
『英米の詩・日本の詩』
詩集 『あなたと夜』
詩集 『二十歳の詩集』
歌集 『長き夜』
訳著 『青い空の下で』(チベットの詩人の自伝)
詩歌集 Admiring World Beauties
詩論集 『多元文化の実践詩考』
詩集 『ゴヤの絵の前で』
編訳 『現代世界アジア詩集』新・世界現代詩文庫9
訳詩集 『神の涙』デイヴィッド・クリーガー詩集
詩論集 『流動する世界の中で日本の詩とは』
共著 『評伝 有馬敲』(田中茂二郎)
詩集 『二つの島へ―ハワイと沖縄』
評論 『有島武郎におけるエロスと死』
編訳 『英米女性5人詩集』
歌集 『恋歌』
訳詩集 『荒波を越えて』レ・パム・レ詩集
詩集 『嵐が丘より』
詩集 『THE PATH OF HUMAN EXISTENCE』
詩集 『火祭り』
詩俳歌集 MIDNIGHT DREAM
訳詩集 『暴力の時代の中で』イーヴァン・ボーランド原作
エッセイ集 『詩と文学の未来へ向けて』
詩集 『新梁塵秘抄』
翻訳・エッセイ集 『世界の詩人たち』
水嶋きょうこ 詩集 twins
詩集 『繭の丘。(光の泡)』
水島美津江 詩集 『冬の七夕』
水谷清 『時の縁りで』(クロード・ロワ詩集)
水谷 詩集 『夜のポスト』
水谷なりこ 詩集 『きたじょういっちょうめ』
水根たみ 詩集 『一粒の影』
水野浩子 詩集 『片羽の蝶』
水野ひかる 詩集 『抱卵期』
『恋の前方後円墳』
詩集 『水野ひかる詩集』新・日本現代詩文庫59
詩集 『未明の寒い町で』
詩集 『水辺の寓話』
水野るり子 他著 『ラプンツェルのレシピ』
詩集 『ユニコーンの夜に』
水橋晋 詩集 『共棲変夢』
溝口章 詩集 『禁忌の布』
詩集 『微光の海』
詩集 『残響』
詩集 『流転/独一』
詩集 『樹木人』
溝呂木邦江 詩集 『猫が散歩する夜』
三田麻里 詩集 『夜 うさぎが』
三田洋 詩集 『三田洋詩集』
詩集 『デジタルの少年』
詩論集 『ポエジーその至福の舞』
詩集 『仮面のうしろ』
三谷憲正 『オンドルと畳の国――近代日本の<朝鮮観>』
未津きみ 詩集 『幻の川 幻の樹』
詩集 『ブラキストン線 −14歳の夏−
光冨郁也 詩集 『サイレント・ブルー』
詩集 『バード・シリーズ/斜線ノ空』
詩集 『バード・シリーズ』
詩集 『犲(ヤマイヌ)
緑野るり 詩集 『誰かを幸せにしたい』
皆木信昭 詩集 『皆木信昭詩集』
水無月ようこ
渡辺陽子
詩集 『花いちもんめ』
詩集 『十字を切る花』
港敦子 詩集 『キクことば、ミルことば、くにぐにの』
南邦和 詩集 『神話』
南川隆雄 詩集 『火喰鳥との遭遇』
随筆集 『他感作用』
共著連詩集 『気づくと沼地に』
共著連詩集 『台所で聞くドアフォン』
詩集 『此岸の男』
共著連詩集 『さらばおとぎの国』
詩集 『爆ぜる脳漿 燻る果実』
詩集 『傾ぐ系統樹』
南原魚人 詩集 『微炭酸フライデー』
峯尾博子 詩集 『エイダに七時』
詩集 『交信』
峰岸了子 詩集 『かあさん』
詩集 『いつしか 風になる』
詩集 『夢みる卵と空の青』
美濃千鶴 詩集 『人柱』
詩集 『風の眼』
詩集 『十二号系統』
美濃吉昭 詩集 『或る一年 〜詩の旅〜
詩集 『或る一年 〜詩の旅〜U
蓑和田初江 詩集 『炎の花』
詩集 『午後の光』
宮内孝夫 詩集 『砂嘴』
みやうちふみこ 詩集 『カバの本籍』
宮内洋子 詩集 『陸に向かって』
詩集 『ツンドラの旅』
詩集 『宮内洋子詩集』かごしま詩文庫6
宮尾壽里子 詩集 『げっ歯類の憂鬱』
宮城隆尋 詩集 『ゆいまーるツアー』現代詩の新鋭13
宮城松隆 詩集 『しずく』
詩集 『宮城松隆詩集』新選・沖縄現代詩文庫5
宮崎亨 詩集 『空よりも高い空の鳥』
詩集 『火の花嫁』
宮沢肇 詩集 『舟の行方』
宮島智子 詩集 『渦』
宮田小夜子 詩論集 『詩とは何か』
詩集 『ゴッホのカラス』
宮田登美子 詩集 『竹藪の不思議』
深山鏡子 詩集 『私の「もうひとつの世界」ベルギー』
宮本智子 詩集 『しっぽの先まで』
詩集 『トランジット』
みゆき杏子 詩抄 『霞びと』
深雪陽紅 詩集 『試着室』
詩集 『生還記』
三好由紀彦 詩集 『さよなら21世紀』
三輪孝光 詩集 『花のセレナーデ』
美和澪 詩集 『化身』
[ トップページ ]