ごまめのはぎしり】寄贈本 索引
洋子 詩集 Time Over
大家正志 詩集 『空虚な空間』
雑文集 『わたくしごと』
詩集 『翻訳』
多賀恭子 詩集 『夜の水』
詩集 『やさしい歌』
高井泉 詩集 『泉む−錬金詩篇−』
高石晴香 詩集 『たまごと砂時計』
高岡修 詩集 『梨花の時間』
高岡力 詩集 『新型』現代詩の新鋭2
高木秋尾 詩集 『あかりすい』
高木寛治 『石と在る』
木冨子 詩集 『優しい濾過』
高島清子 詩集 『鳥語』
高島清四郎 写真集 『詩のある写真館』
高島りみこ 詩集 『海を飼う』
高瀬苳女 詩画集 『雲のゆくえ』
P 詩集 『へきらく』
詩集 『たまゆら』
高田昭子 詩集 『河辺の家』
詩集 『砂嵐』
詩集 『空白期』
高田邦雄 詩集 『弱虫革命』
高田太郎 詩集 『どぶ魚』
『詩人の行方』
詩集 『高田太郎詩集』新・日本現代詩文庫51
詩集 『雷魚』
詩集 『肥後守少年記』
詩集 『遅日の椽』
高田千尋 『榎本利郎詩集』
詩集 『冬に』
高田敏子 詩集 『新編 高田敏子詩集』新・日本現代詩文庫31
谷和幸 詩集 『残氓』
詩集 『回転子』
高市順一郎 詩集 『樹の中の鐘』
高鶴礼子 詩集 『曙光』新世紀の詩人1000行(1)
詩集 『鳴けない小鳥のためのカンタータ』
たかとう匡子 詩集 『立ちあがる海』
詩集 『水嵐』
詩集 『水よ一緒に暮らしましょう』
エッセイ集 『神戸ノート』
詩集 『学校』
詩集 新編 ヨシコが燃えた』
詩集 『女生徒』
鷹取美保子 詩集 『千年の家』
詩集 『億年の耳』
野信也 詩集 『朝霧の夢 夕焼けの地図』ポエム・ポシェットNo.22
高野保治 詩集 『千年の樹』
高橋晟子 詩集 『どうして?』
詩集 『女の笑み』
橋梓 遺作集 『安息を求めて』
高橋英司 詩集 『生存ほか』
詩集 『ネクタイ男とマネキン女』
高橋馨 詩集 Kawolleria
詩的作品集 『残月記余禄』
詩集 『詩への途上で』
詩的作品集 『夜更けの階段』
橋一亮 詩集 『十四行の青春』
詩集 『窓』
高橋香帆 句集 『小春日』
高橋玖未子 詩集 『アイロニー・縫う』
高橋敏 詩集 『邂逅』
高橋サブロー 詩・詩論集 『サランコットの朝方に』
『山と海の詩 我が心の山岳遍歴』
詩集 『エーゲ海 旅みやげ』
高橋重義 詩集 『天の音楽』
詩集 『秋のぴあの』
高梁静穂 詩集 『オヤシラズ』
橋渉二 詩集 『昇るしるし』
詩集 『とんちんかん』
『イスラエル・ノート』
詩集 『死海』
詩集 『昆虫の書』
高橋茅香子 『英語で人生をひろげる本』
『最後の場所で』
『空高く』
高橋千劔破 『江戸の旅人』大名から逃亡者まで30人の旅
『名山の民族史』
高橋次夫 詩集 『孤島にて』
『篠竹』
詩集 『雪一尺』
詩集 『高橋次夫詩集』新・日本現代詩文庫55
詩集 『孤性の骨格』
高橋通 CD 作品展『歌曲の夕べ』
高橋未衣 詩集・詩論集 『鴉』
高橋裕子 詩集 『扉を開けると 風が』
高橋芳子 詩集 『心のノート』
高橋禮子 歌集 『ガラスのクッキー』
歌集 『二月のひまわり』
高橋渡 『詩人 その生の軌跡』(評論)
高原木代子 詩集 『山繭』
詩集 『夕暮れの厨房』
詩集 『花に降る雨』
野信也 詩集 『ソラヨミ ヒトコイ』
田上悦子 詩集 『はなれ里の四季』
詩集 『女性力(ウナグヂキャラ)
高村昌憲 詩集 『六つの文字』
『現代詩再考』
詩集 『七〇年代の雨』
高本正之 詩集 『限りなき世界』
高安義郎 散文詩 リーフノベル集『逢魔が時』
詩集 『母の庭』
短編小説集 『山桜』リーフノベル
田川紀久雄 詩集 『寂寥はどこから』
詩集 『翔び立つ日を夢見ながら』
CD 『詩語りの世界』
『続・詩語りの現場報告』
詩集 『音を聞きに出かける』
詩集 『種田山頭火を詠む』
『詩語りの現場報告・V』
詩集 『時代』
詩集 『田川紀久雄全詩集1』
『詩人のための朗読講座』
詩集 『かなしいから』
詩集 『田川紀久雄全詩集2』
詩集 『道化師』
DVD 『宮澤賢治の世界』
詩集 『見果てぬ夢』
詩集 『生命の旅』第T章 生命の旅だち
詩集 『生命の旅』第U章 生命の尊厳
詩集 『生命の旅』第V章 生命の歓び
詩集 『祈り』
詩集 『いのちの聲』
詩集 『神話の崩壊』
詩集 『鎮魂歌』
詩集 『いのちとの対話』
詩集 『愛するものへ』
詩集 『慈悲』
詩集 『いのちのひかり』
詩集 『寄り添う』
詩集 『遠ざかる風景』
詩集 『聲を求めて―詩語り論―』
詩集 『哀しみの渚』
詩集 『哀しみを越えて』
詩集 『復活』
詩集 『新たなる旅立ち』
詩集 『天空を舞う』
詩集 『寂静』
詩集 『旅人として』
詩集 『空華』
詩集 『灯火に照らされて』
詩集 『もう一歩前へ』
詩集 『永遠なる大地』
詩集 『廻廊を歩く』
詩集 『蘇生』
詩集 『沈黙』
詩集 『青空の下で』
詩集 『一粒の種』
詩集 『いのちの泉』
詩集 『届く聲を求めて』
詩集 『新生』
詩集 『廻向』
詩集 『日常』
詩集 『希望』
詩集 『愛語』
詩集 『平和を求めて』
詩集 『仏への道』
滝悦子 詩集 『薔薇の耳のラバ』
瀧葉子 詩集 『樹の物語』
葉書詩画集 『追跡曲線』
詩集 『幻』
葉書詩画集 『山と川と野と』
はがき詩画集 『いのち』
詩集 『へごの話』
詩集 『消えた世界』
詩集 『遠い時間』
詩集 『時のすがた』
詩集 『命のかたち』
詩集 『命の行く手』
詩集 『黎明』
詩集 『孤愁』
詩集 『夕景』
詩集 『つれづれに』
滝川優美子 詩集 『オーロラいため』
滝口悦郎 詩集 『透明と遮蔽』
詩集 『周縁 開く』
滝口雅子 詩集 『新編 滝口雅子詩集』
瀧本富佐恵 詩集 『少しゆっくり』
田口雅巳 画文集 『しょうなん素描 その二』
田口義弘 詩集 『遠日点』
編・訳 『カロッサ詩集』
編・訳 『リルケ オルフォイスへのソネット
田熊健 詩集 『断層』
武井幸子 詩集 『花時計』
詩集 『浮ぶ庭』
竹内清 『松田の自然探訪』
竹内正企 詩集 『満天星』
竹内美智代 詩集 『呼び塩』
詩集 『切通し』
詩集 『未来がだんだん』
詩集 『聲にのせたことばたち ─鹿児島の方言で─詩人の聲叢書3
武子和幸 詩集 『ブリューゲルの取税人』
詩集 『アイソポスの蛙』
竹下義雄 詩集 『片っ方の手袋』
詩集 『刑事(デカ)の唄』
武田章利 詩集 『共鳴詩集』
武田健 詩集 『傘』
詩集 『漂着』
竹津健太郎 詩集 Yeeen
武西良和 詩集 『きのかわ』
『ぼくとわたしの詩の学校』
詩集 『ねごろ寺』エリア・ポエジア叢書9
詩集 『プロフェッショナル』
竹村啓 詩集 『宇宙音』
たけやま渓子 詩集 『あの日は雨が降っていたか』第6次ネプチューンシリーズXV
田嶋享 新聞連載記事 『わが人生』
田島廣子 詩集 『くらしと命』
田島道 詩集 『シスターの靴』
田島啓長 詩集 『遠き地平』
田代卓 詩集 『晩鳥の森から』
田代勉 詩集 『朝の扉』
詩画集 『水辺の景』
多田聡 詩集 『岡山発津山行き最終バス』
詩画集 『ビバ!しほりん』
只松千恵子 詩集 『只松千恵子詩集』新・日本現代詩文庫74
田尻英秋 詩集 『機会詩』
伊達悦子 詩集 『色鉛筆』
建入登美 詩集 『季の調べに』
立野雅代 詩集 『皮膚のまわり』
舘内尚子 詩集 『時のかけら』
館林明子 詩写真集 『うみ ふーらり』
立山澄夫 詩集 『アゲハの舞台』
田中郁子 詩集 『ナナカマドの歌』
田中勲 詩集 『砂をめぐる声の肖像』
詩集 『脳髄の川』
詩集 『迷宮を小脇に』
詩集 『最も大切な無意味』
田中和男 詩集 『表札など』(詩:石垣りん)
田中健太郎 詩集 『灰色の父』
詩集 『深海探索艇』
詩集 『犬釘』
エッセイ 『旅ゆくヒトガタ』詩人の聲叢書2
田中浩司 詩集 『詩人』
田中作子 詩集 『吉野夕景』
詩選集 『ひとりあそび』
田中茂二郎 共著 『評伝 有馬敲』(水崎野里子)
田中俊輔 詩集 『イチゴの花』
田中順三 詩集 『あかねぞら』
田中智子 詩集 『天上オルゴール』
田中憲子 詩集 『月のかけら』
田中ひさ 詩集 『回転扉』
田中裕子 詩集 『夢の先』
詩集 『カナリア屋』
田中眞由美 詩集 『降りしきる常識たち』
詩集 『指を背にあてて』21世紀詩人叢書・第U期23
田中光子 福井大学教育学部『「現代詩鑑賞」課題文集』
たに みちお 詩集 『寝付けぬ街』
遺稿詩集 『ポケットに詰め込んで』
谷口謙 詩集 『黎明』
詩集 『望郷』
詩集 『半月』
詩集 『切畑から』
詩集 『二重奏』
詩集 『漁師』
詩集 『惨禍』
谷口ちかえ 『Le Petit Cadeau』
訳詩集 ポール・キーンズ・ダグラス詩集
訳詩劇 『オデッセイ』
詩集 『地図のかなたへ』
谷崎眞澄 詩集 『谷崎眞澄詩選集』
谷本州子 詩集 『春星のかなたに』
詩集 『綾取り』
太原千佳子 詩集 『森への挨拶』
詩集 『いい日を摘む』
詩集 『シャワー』
翻訳 『長編詩「サウル」を読む』
田部武光 詩集 『においの研究(パリ詩篇)
玉造修 詩集 『高校教師』
田村照視 詩集 『鏡の中』
田村のり子 詩集 『時間の矢―夢百八夜』
田村雅之 詩集 『鬼の耳』
詩集 『田村雅之詩集』現代詩人文庫12
詩集 『デシャビュ』
詩集 『萱の歌』
詩集 『水馬』
詩集 『航るすがたの研究』
詩集 『碓井』
為平澪 詩集 『割れたトマト』
樽美忠夫 詩集 『青二才』
[ トップページ ]